TOKYO MARTECH BLOG

MarTechのトレンドや要素技術、各種サービスについて取り上げて紹介していきます。

「Progressive Web Apps」のマーケティングコミュニケーションへの有用性

2018年3月にiOS 11.3でサポート開始となり、にわかに大きな注目を集める「Progressive Web Apps」。 しかし、その以前より既に(主にGoogle社の地道な広報によって)目立った事例も報告されはじめています。 「Progressive Web Apps」とはなんなのか、どうい…

「PlanOut」に見るFacebookのABテストへの取り組み - その2 -

前回記事で触れた、A/Bテストその他の「オンラインフィールド実験」のためのオープンソース「PlanOut」。 先日の記事ではA/Bテストの仕組みとPlanOutの特長、インストール方法から使い方までを概観しました。 ※前回記事はこちら 今回は「PlanOut」のキーコン…

「PlanOut」に見るFacebookのABテストへの取り組み - その1 -

A/Bテストその他の「オンラインフィールド実験」は、マーケティングの検証スピードと精度を高めるものとして、広くインターネットマーケティングで使用されてきました。 PlanOutは、この「オンラインフィールド実験」のために、Facebookが2014年にオープンソ…

マーケット・セグメンテーションにおいて考慮すべき5つの属性

マーケティングの効果を高めるためには、そのままでは大きすぎる市場を、共通のニーズやその他属性に応じていくつかのサブセットに分解する必要があります。 それがマーケティング・セグメンテーションです。 マーケティング・セグメンテーションは、いくつ…

「FingerPrint2」に見るフィンガープリンティングの最新事情 - その2 -

以前も触れた「Fingerprint2」によるブラウザフィンガープリンティング。 先日の記事ではブラウザフィンガープリンティングの仕組みとその実現に利用している情報群を概観し、各ブラウザでの検証結果について紹介しましたが、今回は実装の詳細を見てみます。…

マーケティングにおける部分最適のワナ

本来「どのような市場・顧客に対し、自社のどのような商品サービスを届けるのか」といった全体最適の観点から設計されるべきマーケティング。 しかし、実際にはマーケティングの各活動が部分最適、つまり各部分機能で狭い範囲(見える範囲、考えられる範囲、…

カスタマージャーニーマップをめぐる5つのアンチパターン

カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品やサービスを知り、最終的に購買するまでの、顧客の「行動」、「思考」、「感情」などのプロセスを図示したもの。 私自身、過去に作成したことは一度や二度ではありませんし、他の会社で作成されたものを実際に拝…

本当に「サブスクリプション・エコノミーは拡大」しているのか?エビデンスまとめ

以前も取り上げた「サブスクリプション・エコノミー」。多くの書籍やウェブサイト等でも特に最近「サブスクリプション・エコノミーが拡大している」といった論調が2017年あたりから増えてきたように思います。 確かに成功した企業もあるが、、 「サブスクリ…

マーケティングオートメーション・ツールの名寄せロジックを「Mautic」に見る - その2 -

多くのマーケティングオートメーション・ツールでは、『個人情報の登録を終えているコンタクト(見込み顧客)』と『匿名コンタクト(見込み顧客)』を区分けしています。 「Mautic」の「Visitors」と「Standard contacts」 以前も触れたオープンソースマーケ…

Google Analyticsのコマンドキューの実装を覗いてみる

みんな大好き「Google Analytics」では、非同期によるJavaScriptの読み込み・実行によりアクセスログを逃さずサーバに送信し解析結果を正確に保つため、以前より「コマンドキュー」という実装方式が取られ、これは現行バージョンの「gtag.js」にも継承されて…